さかなの調理

ゲームの感想をだらだら書きます

ラストウィンドウ 真夜中の約束 感想

ウィッシュルームの続編にしてCING最後の作品。会社が生きてたらさらに続いてたシリーズだと思うのですが、今のところこれが最終作になります。前作でかゆいところに手が届かなかった部分は改善され、ストーリーはより複雑になっています。理不尽に感じたと…

ウィッシュルーム 天使の記憶 感想

今年で発売10周年になるDS推理ADVの名作。発売当時に買ったんだけどクリアせず放置してて(セーブデータ見たらチャプター8で止まってた)、改めて最初からプレイしました。ゲームの難易度、物語ともに硬すぎずぬるすぎず、落ち着いた雰囲気を楽しめた。遊んだ…

セカンドノベル 〜彼女の夏、15分の記憶〜 感想

夏が舞台のゲームを夏にやることの意義を感じつつ、業の深い季節だと思った。文句なしに明るい季節だからこそその陰の不安定さや感傷が際立つというか。夏がテーマの作品は夏を終わらせることがベストエンドになるものが多い気がするのですが、本作では彩野…

12RIVEN 感想

「infinityに続く」integralシリーズ第1作と銘打たれたが後が続かなかった作品。各所での評価の通り、伏線やタネ、キャラの魅力、ストーリーテリングとあらゆる点がEver17に及ばない印象。ただ、個人的には別の意味で収穫があった。以下、infinityシリーズを…

ときめきメモリアル4 響野里澄 感想

響野さん、ときメモ4の中では星川さん皐月先輩に並ぶ癖のないヒロインなのでは…? 良い意味で期待を裏切らないシナリオで安心感がすごかった。第一印象としては見た目が某ファーストチルドレンを連想させすぎるのでキャラデザもうちょい頑張ってという感じだ…

ときめきメモリアル4 エリサ・D・鳴瀬 感想

悪い意味でときメモの古さが出てるシナリオだなあと思いました。都子ほどではないけど色々と書くのでご承知ください。ゲームで「ハーフ」とか民族的なアイデンティティを扱うのは難しいのに、「金髪碧眼の大和撫子って斬新じゃん!?」ぐらいのノリでやって…

ときめきメモリアル4 大倉都子 感想

地雷原を駆け抜けた3年間でした(被弾しなかったとはいっていない)この感想では都子について好意的なことをほとんど書いていませんのでご留意ください。とにかくやってて辛かった。もともと共依存っぽい関係が苦手なのですが、このシナリオはそういう危うさを…

ときめきメモリアル4 郡山知姫 感想

いや〜〜〜楽しかった。私の中では語堂さんと双璧をなす存在です。ふたりとも家が飲食店、デレると素直になる語堂さんに対して素直じゃなくなる郡山先輩と設定的にも対比できる部分が多かった印象。郡山先輩の人物像として好きだったのは感情の機微とかロマ…

ときめきメモリアル4 前田一稀 感想

サッカー女子部エースでボクっ娘、という運動枠の属性としてはすごくオーソドックスな特性の持ち主でした。しかしインターハイ優勝したサッカー部の10番なのに卒業後の進路が家業の手伝い(しかも前田さんは三人兄妹の末っ子)でかなり衝撃だった。そこも含め…

ときめきメモリアル4 ハル 感想

デートと体調管理と爆弾管理との兼ね合いに疲れたため、紅茶出現までの残り1周は隠しキャラで行こうと思いハルちゃんこと水月春奈さんを選びました。しかしモラル値が下がることを知らずにコンビニバイトしてしまい1周無駄にした…(阪口さんと神奈さんのフリ…

ときめきメモリアル4 語堂つぐみ 感想

初週の星川さんに続いて、彼女の親友でありツンデレ文学少女であり私にとってはメインヒロインでもある語堂さんの攻略です。改めて実感したことですが、彼女は第一印象(正確には第二印象)が本当に酷い。これはツンというよりヒスでは…という勢いのまくし立て…

ときめきメモリアル4 星川真希 感想

ときメモGS2にオタクとしての洗礼を受けた私にとって、もはや開店休業を通り越して看板だけ残して潰れた店状態であろうとも「ときめきメモリアル」というタイトルは永遠の記念碑なのですが、思い入れが深いわりにやり込んでないなあということに気づいたので…

Ever17 感想

KIDと私の宗教戦争でした。1行目から遠慮なくネタバレするので知りたくない方は全クリしてからご覧になってください。★★★★★★★★★★★★★★★★ドラクエⅣとⅤのストーリーを比べるならⅤのほうが好き! という人向けのゲーム、という印象でした。そもそもゲーム自体、…